私を銀座総合美容クリニックに引き付けたAGA治療法は遺伝子診断とメソセラピー

いざ本格的な薄毛治療を始めようとして、いくつかのAGAクリニックについて調べてみると、どこも効果がありそうなAGA治療をしているな、というのが最初の感想でした。

中でも目を引いたのが銀座総合美容クリニック。特に、AGA遺伝子診断とノーニードル育毛メソセラピーというAGA治療には興味を惹かれました。

名前だけだと一体どんな治療なのかピンとこないですよね。

AGA遺伝子診断というのは正式名はアンドロゲンレセプター遺伝子多型解析というものらしく、さらに何をするんだか分からなくなります。

簡単に言うと薄毛・AGAが進行してしまう受容体の量を遺伝子レベルで解析してくれる検査方法です。

かなり正確な診断が出来るようで、自分のAGAの状態を正確に知りたい自分としてはぜひして欲しいと思った検査でした。

ノーニードル育毛メソセラピーは、注射器のようなものを使って頭皮に直接発毛成分を注入していく治療法です。

痛そうですけれども、「ノーニードル」と言うくらいですから、注射針を使用しないので痛みはありません。

なぜか私は子供の頃から注射が大の苦手でしたので、この注射器を使わずに発毛成分を頭皮に注入できる方法は気に入りました。

電気パルスを使って頭皮の細胞と細胞の間に小さな穴を空けて、そこに薬剤を注入していくようです。

注入する薬剤というのはAGA治療薬として有名なフィナステリドとミノキシジル、それに成長因子というものです。

男性ホルモンが発毛や育毛を邪魔しないようにしたり、今ある毛髪をより健康的にしたりする成分となっています。

これらの成分は毛乳頭の細胞を元気づけるということなので、なんだか薄毛治療、AGA治療に効きそうでやってみたいと思いました。

ノーニードル育毛メソセラピーは半年間という長い期間の中で8回ほど行っていきます。

この8回を1セットにしていくのですが、実際に体験してみたところ確かに痛みが無くよい感じでした。
個人差はあるかも知れませんが、自分の場合は5ヶ月を過ぎたあたりから毛が増えてきたように感じました。