ごく普通の40代男性が銀座総合美容クリニックでAGA治療を受けて自信を持てた

わたしはごく普通の40代の男性。ただ、他の男性と違うところが一つあります。

それは40代にしては非常に髪の毛が薄いということです。AGAです。

20代の頃から自分の髪は薄いということは分かってはいたのですが、年を取るごとにだんだんと実感するようになってきました。

特に40代に入ってからは加速度的に髪が抜け始め、私も妻も心配していました。

そんな私が銀クリこと銀座総合美容クリニックで薄毛治療・AGA治療を受けて自信を持つことが出来ました。

実は私も妻も娘が私の薄毛のことを言うまではそこまで深刻に考えていませんでした。

娘の運動会があったときに私の髪の毛のことで娘が友達からからかわれたようです。最初のうち娘は運動会から家に帰ってきて何があったのか話しませんでした。なんとなく元気が無いことには気がついていたのですが話してくれませんでした。

妻が上手く聞き出すと、なんと私の髪の毛が薄いことを同じクラスの男子に冷やかされたようです。はげ親父の娘だとからかわれたというのですから、それを聞いたときの私はかなりショックを受けました。

20代の時から気がついていた薄毛によってまさか自分では無く娘が傷つくとは、と衝撃を受けました。今までは一応育毛シャンプーやら育毛剤を使っていましたが、これは本格的に薄毛治療を始めなくてはいけないと思いました。

早速、薄毛治療のクリニック、つまりAGAクリニック(AGA病院)を調べてみたところ、誇大広告もせずに信頼できそうな銀座総合美容クリニック、通称”銀クリ”に行き着きました。

実際に銀クリで治療を初めて1年ほどが過ぎますが家族も認めるほど髪の毛が増えてきています。

最初の数ヶ月は本当に効果があるのか半信半疑でしたが5ヶ月ほど経ったときから、新しいうぶ毛が頭頂部あたりにたくさん確認できるようになってきたのです。

今では自信を持って子供の友達の前に出ることが出来るようになっています。

そんな私の薄毛歴、AGA治療歴をお話しします。

1人でも多くの薄毛に悩む方がAGA治療への関心を持ち、AGA病院に通院してくれれば、と願っています。