私だけじゃないと安心?AGAクリニックの待合室について

銀座総合美容クリニックに予約を入れ、薄毛治療・AGA治療のカウンセリングの日取りが決まったので、クリニックの待合室に行きました。

AGAクリニックに行くのは、もちろん、初めてでしたので、当日はどんな対応をされるのか分からなかったので結構、緊張しました。

インターネットなどで事前にAGA病院、AGAクリニックの情報は見ていてそんなに緊張する必要も無いのですが、やはりドキドキしました。

銀座という事もあって落ち着いた雰囲気の銀座総合美容クリニックの扉を開けると、白を基調とした清潔感のあるロビーに少しホッとしました。

待合室を見ると意外に男性の患者さんたちが多くて驚きました。

みんなAGA治療のために来ているんだなと思うと、確かに日本の成人男性の3人に一人がAGAに悩んでいるというのは本当なのかもと感じましたね。

年齢は皆バラバラで20代の若そうな人もいれば、50代くらいの自分より年上な感じのする人も来ています。

正直、「50代くらいになったら薄毛でもいいんじゃないの?諦めたら?」とも思ったのですが、本人からしたら気になるんでしょう。

確かに自分も40代になったとしても娘から、お父さんのはげが気になると言われたらやはりAGAクリニックに来てしまうかも知れません。

現に娘がきっかけで今こうしてAGAクリニックにいるのですから、それぞれに何かしらの理由があってここに来ているんだろうなと思います。

初めて私が銀クリに行ったときには、待合室にいるのは比較的若い人が多いのが印象的でした。そりゃ若いときに薄毛は気になりますよ。

自分ももっと早くから本格的な薄毛治療・AGA治療をAGAクリニックで始めていれば、ここまで頭頂部がはげなかったのかなと少し後悔しました。

AGAによる薄毛で自分が恥ずかしいだけでは無く、娘にまで恥ずかしい思いをさせるんだったら、子供が出来た30代のときからAGA治療を始めていればよかったと本気で後悔していますね。